琉球王国は誰がつくったのか──倭寇と交易の時代

琉球王国は誰がつくったのか──倭寇と交易の時代

¥ 3,520

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

吉成直樹[著]
四六判上製 / 344頁

首里城の王たちは、いったいどこからきたのか?
首里城は、15世紀初頭、尚巴志にはじまる琉球国の王城だった。
農業を基盤とし沖縄島内部で力を蓄えた豪族が、抗争の末に王国を樹立したというのが通説だが、これは真実だろうか? 政情不安定な東アジアの海では、倭寇をはじめ、まつろわぬ者たちがしのぎを削っていた。王国の成立に彼らが深く関わっていたことを多角的なアプローチから立証し、通説を突き崩す新しい琉球史を編み上げる。

目次等、詳細な内容については↓をご覧ください。
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909544063