〈原作〉の記号学──日本文芸の映画的次元

〈原作〉の記号学──日本文芸の映画的次元

中村三春[著]

原作の変換・変異として存在する文芸映画が、にもかかわらずかけがえのない固有性を帯びるのはなぜか。
すべての創作物は第二次テクストだという立場から、原作と映画が織りなす複雑な関係性を解きほぐし、オリジナリティという観念に揺さぶりをかける。

目次等、詳細な内容については↓をご覧ください。
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784909544018

¥ 3,520

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する